胃腸が弱く、胃腸薬の服用を考えている男性

薬を飲むのは、「1日3回食後30分」と思われてますが、必ずしもそうではないです。胃痛の症状が違えば服用する胃腸薬も異なり、服用するタイミングも変わります。服用方法を間違えると、胃腸薬の効果が弱まることもあるのです。

2017年01月の記事一覧

ガスター10やサクロンなどの胃腸薬は症状で選ぶ

胃の不調には、胃痛や胃のむかつき、胸やけなど様々な症状があります。
そんな胃の不調や、腹部の痛み、腹部膨満感といった胃腸のトラブルを軽減したい時に飲むと良いのが胃腸薬で、病院で処方してもらえるものから、ドラッグストアで売られている市販薬まで多くの種類が存在しています。
胃腸薬は種類が豊富なので、胃腸の調子が悪い時にドラッグストアに行っても、どれを選べば良いのかを迷ってしまうのが難点となっています。
例えば、ガスター10やサクロンなどは、名前を聞いたことがあっても自分の胃腸の不調を治すのに適しているのかがわかりにくくて困ってしまう人もいることでしょう。
もしも自分の症状に一番適している胃腸薬を飲みたいなら、病院で診察を受け、医師に処方してもらうのが一番良い方法です。
しかし、病院に行くほどでもない気がする不調や、時間が無い時などはドラッグストアで市販の胃腸薬を買う方が手間がかからなくて良いと言えるでしょう。
市販の胃腸薬の選び方としては、その薬の箱に書いてある簡単な説明文に注目して選ぶ方法があります。
まず、ガスター10では箱にH2ブロッカー胃腸薬と書いてありますが、この種類は市販薬の中では胃酸を抑える効果が強いタイプなので、胃酸が過剰に出ている感じがあって胃痛や胃もたれ、胃酸の逆流、胸やけなどに苦しんでいるならおすすめの薬と言えます。
なお、ガスター10には水が無くても服用出来るガスター10 S錠もあるので、仕事中などでもサッと飲めるのが便利な点となっています。
次にサクロン錠の箱には、胃酸を中和、胃粘膜を修復などの説明が書いてあるので、制酸薬としての働きや胃粘膜保護の作用が期待出来る比較的おだやかな作用の薬だとわかります。
胃腸薬を自分で選ぶのは難しいと思う時は、薬局の薬剤師に自分の症状を詳しく伝えて有効な薬を選んでもらうのもおすすめの方法ですので、良い薬を見つけて症状を改善してください。

続きを読む