胃腸が弱く、胃腸薬の服用を考えている男性

薬を飲むのは、「1日3回食後30分」と思われてますが、必ずしもそうではないです。胃痛の症状が違えば服用する胃腸薬も異なり、服用するタイミングも変わります。服用方法を間違えると、胃腸薬の効果が弱まることもあるのです。

2016年10月の記事一覧

酸化マグネシウムが含まれた胃腸薬と漢方薬

胃腸薬の中には酸化マグネシウムが含まれているものがあります。酸化マグネシウムには胃酸を抑える効果があるので、胃腸薬に使われます。胃の不調にはいろいろな原因がありますが、胃酸の増えすぎが胃にダメージを与えることが多いです。胃酸が増えすぎたら、胃もたれや胃の痛み、むかつきなどが起こり、極端な場合は胃潰瘍になります。酸化マグネシウムを含む胃腸薬を取ると、胃酸が抑えられるのでこれらの不快な症状が軽減されます。
漢方薬のなかにも胃腸の不調を改善するものがあります。漢方には酸化マグネシウムは含まれていませんが、胃に良い生薬が含まれています。例えば多くの漢方薬に含まれているケイヒは胃に良いことが昔から知られています。漢方と普通の胃腸薬では、普通の胃腸薬の方が胃に効くことが多いです。酸化マグネシウムのような胃酸を抑える成分が含まれており、それが胃の胃酸を出す部分をブロックするので、漢方薬にくらべて効き目を早く実感できます。
漢方薬が胃の不調に役立たないわけではありません。漢方薬の中には一つの成分だけではなく、複数の成分が含まれています。それらが複合的に働けば、胃の不調を改善できる場合があります。ただし、漢方の場合は効き方に個人差があるので、自分に合った薬を選ぶ必要があります。漢方は体力がある人、体力が普通の人、体力がない人向けに薬の種類が分かれています。体力がない人が、体力のある人向けの薬を飲んでも、胃の状態は改善しません。自分の体質を見分けるのは難しい場合もあります。そんな時は専門医か薬局で相談して、自分の体質を決めてもらいましょう。薬局の中で販売されている薬の中には、酸化マグネシウムのような化学的成分も含み、漢方の生薬も入っているものがあります。そんな薬を使うのも一つの方法です。

続きを読む