胃腸が弱く、胃腸薬の服用を考えている男性

薬を飲むのは、「1日3回食後30分」と思われてますが、必ずしもそうではないです。胃痛の症状が違えば服用する胃腸薬も異なり、服用するタイミングも変わります。服用方法を間違えると、胃腸薬の効果が弱まることもあるのです。

2016年09月の記事一覧

ツムラ漢方などが手掛ける胃腸薬とストロカイン

前日にお酒を飲み過ぎてしまった場合、消化器系の調子が悪く胃腸薬を服用するという方が多いです。
今日においては、ツムラ漢方などが手掛ける効果的な胃腸薬やストロカインといった処方薬があり、以前よりも早い段階で症状を改善させることが可能になっています。
そのため、以前よりも苦しさを感じる時間は短くなっているのですが、服用後に効果が得られるまで苦しいことには変わりありません。
そこで、そもそも飲み過ぎにより胃の調子が悪くなる理由を理解しておくことが好ましいです。
お酒を飲み過ぎたことにより胃の調子が悪くなるのは、実はお酒だけが関係しているわけではないのです。
アルコールの刺激により胃酸の量が通常よりも多くなってしまっていたり、胃の内部の粘膜に傷がついてしまうことも関係しています。
このような状況下で胃腸薬を飲むという選択をするのであれば、胃酸の分泌量を抑えることができる成分が配合されているものを選択したり、粘膜を保護することが可能な成分が配合されているものを選択すべきです。
胃酸の量を減らしたいのであれば胃酸分泌抑制剤が配合されているものを選び、粘膜を守りたい時は粘膜修復剤が含まれているものを選びましょう。
最も大変なのが、二日酔いと胃もたれが同じタイミングで生じることと言えます。
胃もたれというのは、食事で摂取したものが胃から十二指腸に排出されることなく胃内で留まり続けてしまうことです。
2つの症状が同時に発生している場合は、暴飲暴食が大きな原因である場合が多いため、内臓の働きが一時的に悪くなっていると言えます。
胃もたれだけが生じているのであれば、時間の経過とともに十二指腸に送られ症状が和らぎますが、二日酔いも同時に起きているのなら消化酵素剤が入っている胃腸薬を飲みましょう。

続きを読む