胃腸が弱く、胃腸薬の服用を考えている男性

薬を飲むのは、「1日3回食後30分」と思われてますが、必ずしもそうではないです。胃痛の症状が違えば服用する胃腸薬も異なり、服用するタイミングも変わります。服用方法を間違えると、胃腸薬の効果が弱まることもあるのです。

記事一覧

急性胃腸炎の時は胃腸薬で症状を安定するのでしょうか

急な腹痛や下痢、嘔吐などの症状を急性胃腸炎といいます。原因はいくつか考えられます。「細菌」が原因のものがあります。O157の場合は下痢、嘔吐、腹痛を起こします。中には血便も出て悪化すると尿が出なくなり危険な状態になります。サルモネラ菌の場合は、腹痛、下痢、嘔吐、発熱が起こります。悪化すると敗血症を伴います。「ウイルス」が原因のものもあります。ノロウイルスの場合は嘔吐、下痢、腹痛が何度も起こります。ロタウイルスの場合は大量の水ぽっい下痢、嘔吐が起こります。「ストレス」が原因で自律神経のバランスを崩して胃酸の分泌が増えすぎ胃や腸の粘膜が傷んでしまいます。このことで胃や腸の違和感や吐き気や腹痛が起こります。免疫力も低下してしまうので、細菌やウイルスにも抵抗が弱くなり感染しやすくなります。これらの症状が出た時は、まず水分の補給をします。脱水症状がとても怖いので注意しましょう。急性胃腸炎は下痢や嘔吐で身体の中の悪いものを出そうとしているので、胃腸薬を安易に飲むことはあまりお勧めできません。また症状が安定したからといっていきなり胃に負担のかかる食事は避けましょう。おかゆやスープなど身体に優しい食事から始める方がよいです。急性胃腸炎の症状がある時は、なるべく自己判断で市販の胃腸薬の服用は避け、まずは病院で診断してもらうことが大切です。急性胃腸炎の原因を判断してもらい、適切な薬を処方してもらうことが一番です。乳酸菌製剤、収斂剤、吸着剤、乳頭分解酵素、漢方薬などが処方されます。牛乳アレルギーの人には向かないがあるので医師にしっかり相談してください。経口補水液は効果があります。急性胃腸炎の下痢や嘔吐で他の人に感染するものもあるので、早めの受診と手洗いには注意してください。

続きを読む

胃腸薬の選び方と処方薬としてのパン

胃の調子が好ましくないという場合、市販の胃腸薬を服用するという方が多いのですが、様々な種類が存在しているため正しい選択を行わなければ効果が得られません。
実は、一口に胃腸薬とは言っても消化をサポートする役目のあるものや胃の内部の粘膜を守るものがあります。
さらに、胃酸の緩和させたり胃酸の分泌自体を抑えるといったものもあります。
このように複数の種類が存在するので、原因や症状に合っているものを使用しなければ効果が得られないのです。
また、胃腸薬に頼らないというのも一つの方法であると言えます。
外国では空腹が最も胃の調子を悪くすると言われているので、処方薬としてパンが出されることがあります。
実は、パンを処方薬代わりとするのは日本でも増えてきており、胃の病気を患った方はその後手元に常にパンを所持しておくように言われることもあるほどです。
そもそも、胃もたれが生じてしまうのは働きが本来よりも低下していることが挙げられます。
食事で摂取した食べ物というのは、小腸において効率的に吸収することができるように液体状にした後に十二指腸に送られます。
ところが、胃もたれが発生すると排出や消化が円滑にならなくなるため、食物が停滞し内臓が重く感じられてしまうようになるのです。
こうした点から胃腸薬というのは、ぜん動運動を活発化するための成分が配合されているものを選ぶようにすると良いです。
消化機能調整剤などと書かれている製品であれば、調子を良好にしてくれるため好ましいと言えるでしょう。
食べ過ぎなどにより過剰な負担が生じてしまっている場合は、消化をサポートしてくれる消化酵素剤が入っているものを選ぶことが好ましいと言えます。

続きを読む

ガスター10やサクロンなどの胃腸薬は症状で選ぶ

胃の不調には、胃痛や胃のむかつき、胸やけなど様々な症状があります。
そんな胃の不調や、腹部の痛み、腹部膨満感といった胃腸のトラブルを軽減したい時に飲むと良いのが胃腸薬で、病院で処方してもらえるものから、ドラッグストアで売られている市販薬まで多くの種類が存在しています。
胃腸薬は種類が豊富なので、胃腸の調子が悪い時にドラッグストアに行っても、どれを選べば良いのかを迷ってしまうのが難点となっています。
例えば、ガスター10やサクロンなどは、名前を聞いたことがあっても自分の胃腸の不調を治すのに適しているのかがわかりにくくて困ってしまう人もいることでしょう。
もしも自分の症状に一番適している胃腸薬を飲みたいなら、病院で診察を受け、医師に処方してもらうのが一番良い方法です。
しかし、病院に行くほどでもない気がする不調や、時間が無い時などはドラッグストアで市販の胃腸薬を買う方が手間がかからなくて良いと言えるでしょう。
市販の胃腸薬の選び方としては、その薬の箱に書いてある簡単な説明文に注目して選ぶ方法があります。
まず、ガスター10では箱にH2ブロッカー胃腸薬と書いてありますが、この種類は市販薬の中では胃酸を抑える効果が強いタイプなので、胃酸が過剰に出ている感じがあって胃痛や胃もたれ、胃酸の逆流、胸やけなどに苦しんでいるならおすすめの薬と言えます。
なお、ガスター10には水が無くても服用出来るガスター10 S錠もあるので、仕事中などでもサッと飲めるのが便利な点となっています。
次にサクロン錠の箱には、胃酸を中和、胃粘膜を修復などの説明が書いてあるので、制酸薬としての働きや胃粘膜保護の作用が期待出来る比較的おだやかな作用の薬だとわかります。
胃腸薬を自分で選ぶのは難しいと思う時は、薬局の薬剤師に自分の症状を詳しく伝えて有効な薬を選んでもらうのもおすすめの方法ですので、良い薬を見つけて症状を改善してください。

続きを読む

添付文書に禁忌事項に目を通して胃腸薬を飲みましょう

薬のほとんどには、禁忌についての注意事項が添付文書に書かれてあります。特に医師や薬剤師は添付文書に目を通す機会が多いですので、患者さんがいくつか薬を飲んでいるとき、併用していいものか、まずは添付文書に留意すべきです。
胃腸薬も当然禁忌事項が記載してあります。代表的なものは、下剤である酸化マグネシウム剤です。この酸化マグネシウム剤の構成成分であるマグネシウムが胃腸薬の成分とむすびついてキレートを形成して、お互いの効果が出にくくなるからです。他にも抗生物質があります。ある種類の抗生物質も同じようにキレートを形成するからです。
医師はこのようなことをじゅうぶん知っておく必要があると同時に、薬剤師も処方せん監査のときに、このような事例にでくわしたらただちに処方医に連絡して内容を変更してもらわなければなりません。
胃腸薬は数十種類もありますので、どの薬がどの薬と併用禁忌なのか、を特に薬剤師は訓練しておく必要があります。医療の現場だけではなく、市販薬関係に携わっている方も同じことが言えます。市販薬でも胃腸薬と下剤関係があるからです。たまたまお客さんがこれらを併用買いしたときには、併用できない旨をわかりやく説明する必要があります。そうすることでお客さんからの信頼も厚くなります。
医療現場、あるいは市販の場合でも、どうしても併用したいという強い要望があれば、どちらかを先に飲んで一時間くらい時間を空けてから服用するようにしてもいいです。一時間くらい空けていれば、お互いがキレートをつくるということが少なくなるからです。
薬で体調がよくなれば、患者さんやお客さんからよろこばれますので、仕事に関するモチベーションが上がることも間違いないです。

続きを読む

胃腸薬を飲んでも糖質を取りすぎると胸やけが悪化する

胃の調子が悪くなったら、胃腸薬を飲むことになりますが、糖質を取りすぎると薬の効果が減ってしまいます。胃腸薬のおかげでおさまっていた胸やけも再発するので、注意するようにしましょう。糖質の中でも特に注意しなければならないのは、アルコールやお菓子です。アルコールの中にも糖質が含まれており、胸やけの原因になることがあります。アルコールの中で特に糖質が多いのは、日本酒です。ビールの中にも多く含まれています。ビールはいろいろな種類がありますが、特に多いのはビールのスタウトや黒です。焼酎やウィスキーといった蒸留酒の中には含まれていません。お菓子はさらに胸やけを悪化させる食べ物で、特に洋菓子には注意しましょう。洋菓子に使われているバターは胸やけの原因になります。それから好きな人が多いチョコレートも胸やけを悪化させる食べ物です。甘いものはできるだけ食べない方が良いのですが、どうしても食べたい時はカステラや甘みのあるヨーグルトを食べましょう。カステラとヨーグルトは消化が良いので、胸やけは起こりにくくなります。
胃腸薬の中には胃酸を抑える成分が含まれています。胃酸がブロックされると、食道の方に逆流しないのでむかつきや胸やけなどの不快な症状は軽減されます。ただし、いくら薬で抑えても糖質の多いものを取りすぎると、胃腸薬の効果は小さくなります。胃腸薬で不快な症状を抑えながら、糖質の多いものを減らしていくのが良い方法です。甘いものが好きな方は、甘いものを減らすのは苦痛ですが、胃酸による不快な症状にくらべたら、苦痛の度合いが小さくなります。またダイエットの効果や、食事自体をおいしく食べられるようになるというメリットがあります。

続きを読む

酸化マグネシウムが含まれた胃腸薬と漢方薬

胃腸薬の中には酸化マグネシウムが含まれているものがあります。酸化マグネシウムには胃酸を抑える効果があるので、胃腸薬に使われます。胃の不調にはいろいろな原因がありますが、胃酸の増えすぎが胃にダメージを与えることが多いです。胃酸が増えすぎたら、胃もたれや胃の痛み、むかつきなどが起こり、極端な場合は胃潰瘍になります。酸化マグネシウムを含む胃腸薬を取ると、胃酸が抑えられるのでこれらの不快な症状が軽減されます。
漢方薬のなかにも胃腸の不調を改善するものがあります。漢方には酸化マグネシウムは含まれていませんが、胃に良い生薬が含まれています。例えば多くの漢方薬に含まれているケイヒは胃に良いことが昔から知られています。漢方と普通の胃腸薬では、普通の胃腸薬の方が胃に効くことが多いです。酸化マグネシウムのような胃酸を抑える成分が含まれており、それが胃の胃酸を出す部分をブロックするので、漢方薬にくらべて効き目を早く実感できます。
漢方薬が胃の不調に役立たないわけではありません。漢方薬の中には一つの成分だけではなく、複数の成分が含まれています。それらが複合的に働けば、胃の不調を改善できる場合があります。ただし、漢方の場合は効き方に個人差があるので、自分に合った薬を選ぶ必要があります。漢方は体力がある人、体力が普通の人、体力がない人向けに薬の種類が分かれています。体力がない人が、体力のある人向けの薬を飲んでも、胃の状態は改善しません。自分の体質を見分けるのは難しい場合もあります。そんな時は専門医か薬局で相談して、自分の体質を決めてもらいましょう。薬局の中で販売されている薬の中には、酸化マグネシウムのような化学的成分も含み、漢方の生薬も入っているものがあります。そんな薬を使うのも一つの方法です。

続きを読む

ツムラ漢方などが手掛ける胃腸薬とストロカイン

前日にお酒を飲み過ぎてしまった場合、消化器系の調子が悪く胃腸薬を服用するという方が多いです。
今日においては、ツムラ漢方などが手掛ける効果的な胃腸薬やストロカインといった処方薬があり、以前よりも早い段階で症状を改善させることが可能になっています。
そのため、以前よりも苦しさを感じる時間は短くなっているのですが、服用後に効果が得られるまで苦しいことには変わりありません。
そこで、そもそも飲み過ぎにより胃の調子が悪くなる理由を理解しておくことが好ましいです。
お酒を飲み過ぎたことにより胃の調子が悪くなるのは、実はお酒だけが関係しているわけではないのです。
アルコールの刺激により胃酸の量が通常よりも多くなってしまっていたり、胃の内部の粘膜に傷がついてしまうことも関係しています。
このような状況下で胃腸薬を飲むという選択をするのであれば、胃酸の分泌量を抑えることができる成分が配合されているものを選択したり、粘膜を保護することが可能な成分が配合されているものを選択すべきです。
胃酸の量を減らしたいのであれば胃酸分泌抑制剤が配合されているものを選び、粘膜を守りたい時は粘膜修復剤が含まれているものを選びましょう。
最も大変なのが、二日酔いと胃もたれが同じタイミングで生じることと言えます。
胃もたれというのは、食事で摂取したものが胃から十二指腸に排出されることなく胃内で留まり続けてしまうことです。
2つの症状が同時に発生している場合は、暴飲暴食が大きな原因である場合が多いため、内臓の働きが一時的に悪くなっていると言えます。
胃もたれだけが生じているのであれば、時間の経過とともに十二指腸に送られ症状が和らぎますが、二日酔いも同時に起きているのなら消化酵素剤が入っている胃腸薬を飲みましょう。

続きを読む