胃腸薬の正しい知識、持っていますか?

胃腸が弱く、胃腸薬の服用を考えている男性

薬を飲むのは、「1日3回食後30分」と思われてますが、必ずしもそうではないです。胃痛の症状が違えば服用する胃腸薬も異なり、服用するタイミングも変わります。服用方法を間違えると、胃腸薬の効果が弱まることもあるのです。

症状や痛みによって対策、服用するべき胃腸薬が変わる

胃の調子が悪いからといって胃腸薬を何でもすぐ服用するというのはよくありません。また、「胃が痛い」ということで痛み止めを服用する人がいますが、ロキソニンやボルタレンで痛みを緩和できるのは歯痛などの神経系の痛みです。胃の痛みで服用すると逆効果になるので注意しましょう。また、胃腸薬は胃液の分泌を抑えて胃を保護してくれる効果のあるものや、逆に胃液を多く出して胃の活動を活発にして消化を助けるものなど、症状に合わせて服用する必要があります。まずはどのようにいの調子が悪いのか、痛みがあるのかどうかを冷静に考えて、市販の胃腸薬ならばどういった効果が期待できるのか説明書きを読んで自分にあったものを服用する必要があります。胃の不快な症状別に胃腸薬を選ぶ基準は次のようになります。胃に不快感があったり、胃もたれ、食欲不振の時には健胃薬や漢方薬など胃の調子を整えてくれるものが向いています。胃の痛みやむかつき、胸やけなどには、胃酸を調整してくれたり胃の壁を保護してくれる制酸薬やH2ブロッカー、胃粘膜保護といった効果がある胃腸薬を服用しましょう。食べ過ぎや消化不良では、制酸薬などとは逆の効果のある消化酵素剤を使用したものなどの胃腸薬になります。胃の痛みがひどい時には、制酸薬などが含まれているものや痛みそのものに効果がある鎮痛鎮痙薬を使用します。このように一言で胃腸薬といっても症状や痛みによって効果があるものが違ってきますので、自分の症状にあったものを選ばなければ効果はありませんし、逆に症状をひどくしてしまう可能性もあるので注意が必要です。どれを服用したらいいのかわからない時は、ドラッグストアに常駐している薬剤師などに相談するとよいでしょう。また胃の不快感が続くような場合は、市販薬に頼るのではなく病院でちゃんと診察してもらうことが大切です。腸にも症状によって服用する薬の種類は変わってきますので、気をつけましょう。

胃腸薬は他の薬と併用可能なのか

胃腸薬は、他の薬と併用可能なのかと悩んでしまう方もいるでしょうか、併用が可能な場合と併用することで他の薬の作用を弱めてしまうものがあります。一般的に、風邪薬や鎮痛剤、解熱剤と胃腸薬は併用しても大丈夫という扱いになっています。これらの薬との併用は、医療機関でも広く行われているので、医師も安全だと判断したうえで処方している組み合わせです。風邪薬や鎮痛剤の場合には、胃への副作用が考えられるケースが多いため、同時に、胃腸薬も処方されることも珍しくありません。ですから、市販品を購入した場合であっても、風邪薬や鎮痛剤と胃腸薬を同時に飲んでも差し支えないと考えてよいでしょう。しかし、併用をすることで他の薬の作用を弱めてしまうものもあるので注意が必要です。一例としては、便秘薬があります。便秘薬は、腸まで溶解せずに運ばれるように工夫している錠剤が大半です。この便秘薬と一緒に胃腸薬を飲んでしまうと、中には便秘薬が早く溶けてしまい、効果が出なかったりすることもありますし、吐き気や胃痛などの副作用を一時的に起こすものもあります。したがって、胃腸薬を服用した場合には、便秘薬は服用間隔を1時間以上空けるようにする注意が必要です。その他には、抗菌剤を胃腸薬と同時に飲むと、抗菌剤の作用を弱めてしまうことがあります。このように、胃腸薬には併用が可能な他の薬と、併用しない方が適している他の薬があるので注意をしておく必要があります。医療機関で処方する場合には、薬剤師の説明が受けられますが、薬局で市販品を購入する場合には、説明が行き届かない場合も考えられるので、服用している薬について申し出をして、説明を受けるようにしましょう。

胃腸薬に副作用はあるの?

普段、何気なく服用している胃腸薬。胃が痛かったり、食べ過ぎてしまった時などには重宝します。辛い時には、助けになる胃腸薬ですが、頻繁に飲んでいると、かえって体調不良などになることもあります。便秘になってしまったり、口臭がきつくなってしまうこともあります。基本的に胃腸薬に限らず、風邪薬や解熱剤には副作用があるので、どうしても必要な時だけ薬を飲むようにするといいでしょう。胃腸薬に頻繁に頼らなければならない場合には、生活や食事などを見直して、胃腸に負担がかからない生活に改善していくことが大切です。ストレスなどによっても胃や腸に負担がかかり、痛みがでることもあります。そのため、ストレスを緩和するかうまく発散できるような生活環境を整えることも重要なことです。仕事や私生活でストレスは誰しも抱えてしまうものです。ですが、自分の気持ちの切り替えや、休日にストレスを発散することも必要です。気分転換のために、遊びにでかけたり、ショッピングや旅行などをして、ストレスが溜まらないように、心がけていくことも胃腸の状態を健康に保つためには必要なことです。また、食事では、消化のいいものを中心に食べることも大切です。また、早食いをせずに、しっかりと噛んで食べることで、胃での消化を助けることにもつながります。その他にも、アルコールの多量摂取を控えるようにすることも大切です。アルコールは、胃の粘膜を荒らすため、適量ならばそれほど問題になりませんが、多量摂取や、頻繁にアルコールを摂取するようなことは控えるようにするといいでしょう。飲み会や仕事の付き合いなどもあるでしょうが、飲みすぎないように心がけることで、胃に負担をかけないようにすることも大切です。